【CANON EF50mm F1.8 STM】超定番単焦点レンズ最新モデルの写りや画質は #レビュー

EF50mm F1.8 STM

「CANON EF50mm F1.8」といえば短焦点レンズを検討し始めたキヤノンユーザーなら誰もがたどり着く定番レンズ。驚愕の安さとお値段以上の写り、取り回しやすさ。

「CANON EF50mm F1.8 STM」はその最新モデル。手軽さはそのままに、中身は結構進化しました。

EF50mm F1.8 STMの注目ポイント

EF50mm F1.8 STM

EF50mm F1.8 STM キヤノンHPより

絞り開放F1.8のボケ

このレンズの魅力は明るい開放F値によって生み出される強いボケ。これはズームレンズではなかなか表現できません。

ちなみにF値が小さいレンズのことを「明るい」レンズと呼びます。

高級路線であるキットレンズ、「EF24-70mm F4L IS USM」は、開放F値が4。F1.8がどれだけ明るいのかがわかります。

基本そして標準の焦点距離50mm

単焦点レンズとは

単焦点レンズとは、ズームができないレンズのこと。

ズームレンズに比べて利便性は落ちますが、構造上設計をシンプルにできるのでしょう、単焦点レンズは画質の良いものが多く、明るい開放F値をもっています。

50mm

50mmという焦点距離は、写真の基本の画角ともいわれています。50㎜付近の焦点距離は「標準域」と呼ばれ、人間が見たままに一番近い写真が撮れる画角なのだとか。

この焦点距離のレンズはどのメーカーでもそろえています。

一昔前の写真学校ではこの50mm単焦点レンズだけで撮影させ、「足でとる」撮影を身につけさせたのだとか。

暗くても撮れる

「明るい」レンズなので、暗くても撮れます。絞り値が小さいということは、光の通る径が大きいということを表しています。

小型軽量!コンパクトなサイズ感

軽い

EF50mm F1.8 STMの重量は約160g。ズームレンズに比べたらつけていないみたいに軽い。

小さい

EF50mm F1.8 STMは長さが39.3mm。パンケーキレンズの「EF40mm F2.8 STM」には及びませんが、かなりコンパクト。

重心が前に行くこともないので、片手でも安定してカメラを構えられます。

EF50mm F1.8 STMの前モデルとの違い

旧型より大幅に寄れるようになった

EF50mm F1.8 STMは被写体にかなり寄って撮影することができます。旧型を使ったことのある方は驚くと思います。

物の一部を切り取るのも容易です。料理なども無理なく撮影できるでしょう。

絞り羽根の追加でボケがきれいになった

前モデルの絞り羽根枚数はたったの5枚。なんのことやらと思っていたのですが、この絞り羽根枚数によって結構ボケの印象が変わってきます。

つまり、絞り羽根が多いほうが円形に近い光の道をつくれるので、ムラがなくなるみたいな感じかと。

AF駆動音が静かになった

先代のEF50mm F1.8Ⅱはジーコジーコした音が魅力でした。気になる人は気になります。

新型のEF50mm F1.8 STMは名前の通りSTMモーターというのが採用されていて、これは結構静かです。

ただ無音ということではなく、厳密にいえば少し音が聞こえます。

フィルター径は変わった

EF50mm F1.8 STMのフィルター径は49mm。

前モデルのEF50mm F1.8 Ⅱは52mmだったので、買い替えの方はフィルターも購入する必要があります。

EF50mm F1.8 STMの気になる点

レンズフードが別売り

EF50mm F1.8 STMのフードは別売。

レンズのコーティング技術があがっているので、フレアやゴーストは古いレンズよりは気にならないはず。

それでもレンズに直接触れることを防げるので、フードをつけるのはちゃんとメリットがあります。触っちゃうんですよね、結構。

お値段は2000円ほどと少し高いですが、他社から半分ほどの価格で互換品も出ているようです。

AFがちょっと遅め

EF50mm F1.8 STMはオートフォーカスがそんなに早くありません。走ってくる人なんかを撮ろうとすると、ちょっと大変かもしれません。

それでもよほど被写体が動くとき以外は、AFの遅さは気になりません。

EF50mm F1.8 STMのスペック

EF50mm F1.8 STMスペック表
焦点距離50mm
開放絞り値F1.8
最小絞り22
絞り羽根枚数 7枚
最短撮影距離 0.35m
最大撮影倍率  0.21倍
フィルター径 49mm
最大径×長さ φ69.2mm×39.3mm
質量 約160g
画角(水平・垂直・対角線)40°・27°・46°
レンズ構成 5群 6枚

EF50mm F1.8 STMの価格

メーカー純正レンズがこの安さ

EF50mm F1.8 STMの価格は15,000円ほど。(2020年3月現在)

価格は下げ止まりで、緩やかに上下している印象です。

ほかのメーカー純正標準ズームレンズが新品で10万を超えているのを見ると、とんでもなく安い値段のように感じます。

それでも価格は1万円。交換レンズは高い

1万円を超える価格はおいそれとは買えませんが、趣味としてぎりぎり買ってもいいかな、という価格帯。その写りから、一眼レフの入門として使ってほしいレンズであると同時に、一度買えばほかのレンズも試してみたくなる恐ろしさを秘めたレンズです。

EF50mm F1.8 STMはこんなシーンで活躍

基本の50mm。軽量・コンパクトさを生かしてどこへでも持ち歩けます。カメラにつけっぱなしにして、スナップ撮影を楽しみましょう。

絞り開放f2.8以下のレンズはボケが面白いです。撮る写真が記録写真から表現へと変わります。

単焦点レンズはカメラ位置で画角を調整しなければいけないため、ポジション取りのいい練習になるでしょう。

このレンズに慣れてくると、今度は85mmや35mmの単焦点レンズが気になってくるはずです。

キヤノンレンズの一本目にはこちらもおすすめ

【Canon EF24-105mm F4L IS II USM】一本ですべてを撮りきる万能標準レンズ

コンパクトなカメラと一緒に使いたい

【EOS 6D Mark2】画質十分な機能満載の低価格フルサイズ #6dm2