【SONY α7Ⅲ】フルサイズミラーレスのもはや定番モデルはAFと暗所耐性強め

α7Ⅲアイキャッチ

ソニー α7Ⅲは、安定したAF(オートフォーカス)や、フルサイズならではの暗所での強さなどで万能といわれ人気を得ているカメラ。

画質も性能も発売時から評判が高く、もはやフルサイズミラーレスの定番となりつつありますが、使いこなすには一工夫カスタムした方がいいかもしれません。

ソニー α7Ⅲのおすすめポイント

暗所でもきれいに撮れるフルサイズ機の画質

35mmセンサー搭載のフルサイズ機の高画質

α7Ⅲはフルサイズミラーレス機。一般に流通している中では一番大きいセンサーを搭載したカメラです。

画素数は約2420万画素。最近のカメラにしては抑えられていますが、3000万画素あっても大抵はオーバースペック。その分ダイナミックレンジや高感度耐性の性能に注力している印象です。

sony α7Ⅲ センサーイメージ
sony α7Ⅲ センサーイメージ|ソニーHPより

暗所でもきれいに撮れる

α7Ⅲの常用感度はISO51200まで上げることができ、全感度域の解像感・ノイズ低減が実現されており、前モデルのα7 IIと比較して画質が最大1.5段分向上しているとされています。

ISO6400からISO12800まで1段感度を上げたときのノイズ増加を考えると、かなり大幅な画質向上に感じられます。

ソニーならではの素早いAF(オートフォーカス)

ソニーのカメラが他社製のカメラよりも優れているといわれる性能の一つがAF(オートフォーカス)の速さです。

α7 II比で2倍!素早く正確なAF

α7Ⅲは進化したAFシステムにより、暗いシーンでのAF速度が前モデルのα7 IIと比較して最大2倍に高速化。
その仕組みは、「像面位相差AF」と「高精度なコントラストAF」を併用しているのだとか。

暗い場所や、動きの早い被写体にも対応でき、被写体を瞬時に捉えるそう。

瞳AFでどこまでも人を追い続ける

生物の瞳にピントを合わせ続けてくれる「リアルタイム瞳AF」も優秀で、走りまわる子どもの撮影も自動でピントを合わせ続けてくれます。

被写体の手前に障害物があるような自動AFモードが苦手とする状況でも、人物にピントを合わせ続けます。

動物の瞳にも対応。

sony α7Ⅲ 瞳AFイメージ
sony α7Ⅲ 瞳AFイメージ

手抜きのない動画撮影機能

4k動画もきれいに簡単に!

α7Ⅲは簡単に4K動画も撮ることができます。

4Kを撮るときに必要なクロップと呼ばれる画面サイズが小さくなってしまう現象も、他社カメラと比較して少なく済みます。(とある他社フルサイズミラーレス機だと1.75倍、sony α7Ⅲだと1.2倍)

今はスマホでも簡単に動画が撮れるようになり、誰もが動画をSNSにアップできるような時代です。その中でも、レンズを利用したボケ間の強い動画や、暗いところでの撮影など、ひと工夫凝らした高画質な動画を撮って周りと差をつけることができます

タイムラプス撮影も一台で撮れる

たくさんの写真を組み合わせて一本の動画を作る、タイムラプスと呼ばれる動画もα7Ⅲで撮影可能。

カメラの設定の中にタイムラプス撮影ができるモードがあるため、撮った写真をパソコンで編集する必要がなく、撮ったままSNSにアップすることが可能です。

この機能がカメラだけで完結するカメラはまだ多くは出ていません。

ソニー α7Ⅲの気になるポイント

そのままだと使いにくいボディ

sony α7Ⅲ 外面
sony α7Ⅲ 背面

自分の使いやすいように変更していかないと、使いにくいボディです。

快適な操作にはカスタムキーの設定が必要

初期設定のボタン配置では使いにくいケースがあります。

カスタムキーと呼ばれるボタンに好きな機能を割り振ることが可能ですが、快適に操作できる設定を探すのに多少試行錯誤が必要です。

コンパクトなためホールド性に欠ける

α7Ⅲはコンパクトで軽量なボディを実現していますが、その弊害として握りにくいという問題があります。

手が大きい人は小指が余ってしまいしっくりと来ないかもしれません。

握りやすくする「グリップエクステンション」も売られていますので解決策はありますが、一度店頭に行って手確認したほうが無難です。

背面の液晶がちょっと低画質

α7Ⅲの背面液晶は、前モデルのα7Ⅱよりも画質が落とされており、モニターで見たときにスマホやパソコンで見るよりも写真が汚く見えるかもしれません。

ソニー α7Ⅲの価格

フルサイズでは買いやすい価格

ソニーストアで購入する場合、ボディのみで約23万円。標準ズームレンズである24-70mmのレンズとのキットでは約25万円です。

ソニーが出しているフルサイズシリーズの新作の中では一番値段が低い割に、性能も申し分ないのでフルサイズへの導入機として最適といえるでしょう。

もちろん、APS-Cセンサーのカメラと比べると値段はかなり上なので、初めてのカメラにはお金に余裕がないと難しいかもしれません。

中古ではさらに安く

α7Ⅲの平均中古価格は約18万円です。

20万円をきる値段で高性能なスペックのフルサイズ機がてにはいりますので、中古でも気にならないという方は選択肢としてありだと思います。

ソニー  α7Ⅲのスペック

記録媒体SDカード(ダブルスロット)
センサーサイズフルサイズ
使用レンズソニーEマウント
画素数約2420万画素
ファインダー1.3cm(0.5型)電子式ビューファインダー
ISO感度100-51200
(拡張204800)
フリッカー低減
シャッタースピード1/8000〜30秒、バルブ
ドライブモード1枚撮影、連続撮影(Hi+/ Hi/ Mid/ Lo切り替え可)、セルフタイマー、セルフタイマー(連続)、
1枚ブラケット、
連続ブラケット、ホワイトバランスブラケット、
DROブラケット
連続撮影速度Hi+:最高約10コマ/秒、Hi:最高約8コマ/秒、
Mid:最高約6コマ/秒 、Lo:最高約3コマ/秒
動画撮影機能XAVC S、AVCHD規格 Ver.2.0準拠
使用電池リチャージャブルバッテリーパック NP-FZ100
大きさ約126.9(幅) x 95.6(高さ) x 73.7(奥行き)mm、
重さ約650g(バッテリー、SDカード含む)
ソニー α7Ⅲスペック表

ソニー α7Ⅲは万能なスペックでフルサイズデビューにおすすめ

sony α7Ⅲ 正面写真
sony α7Ⅲ 正面写真

ソニーα7Ⅲは、写真も動画も対応できる万能なスペックをもった一台です。比較的安い価格設定で初めてのフルサイズにもおすすめ。

カメラメーカーにこだわりがなければ、sony α7Ⅲを買えば性能的には間違いはないといえます。

ただレンズが他メーカーに比べてまだ少ない・高いという印象はあります。

APS-Cで初めての一台をお探しの方はこちら

【sony α6400】世界最速AFの入門機。高級モデルに並ぶミラーレスは人物撮影に最適