【RF24-240mm F4-6.3 IS USM】全然画質が良いしボケるしコンパクト #レビュー

RF24-240mm F4-6.3 IS USM

RF24-240mm F4-6.3 IS USMはこんなレンズ
  • RF24-240mm F4-6.3 IS USMはズーム域の広い「便利ズーム」
  • コンパクトな便利ズームなのに画質の評判は高め
  • 望遠側(100mm~くらい)ならf6.3でもボケを作れる

RF24-240mm F4-6.3 IS USMは画質の評価が高い便利ズーム

 RF24-240mm F4-6.3 IS USMは驚異の10倍ズームレンズ。
 一般的なレンズのズーム幅は3〜4倍程度。このレンズの焦点距離である24〜240mmを抑えようと思うと2本レンズを用意してもカバーしきれない範囲になります。

 このようにズーム倍率が高いレンズは「便利ズーム」と呼ばれ、大抵はその利便性と引き換えに画質がイマイチだったり開放絞り値が暗かったりします。

便利ズームの中では画質の評価は高い

 RF24-240mm F4-6.3 IS USMはこれまでの便利ズームとは一線を画しており、画質においては望遠側でも広角側でも高い評価が多く見られます。

望遠側ならボケる

 開放F値は決して明るくありませんが、望遠側にすればそこそこボケます。単焦点レンズのようなボッケボケにはなりませんが、200mm以上使えるので圧縮効果を活かした写真の撮影は可能です。

 室内や夕方の場合、暗いF値による感度の上げ過ぎには注意が必要ですが、スマホの画面で見る程度であればあまり気にする必要もないかもしれません。

RF24-240mm F4-6.3 IS USMピックアップポイント

ズームロック機構あり

 RF24-240mm F4-6.3 IS USMはズーム操作で全長が伸びる仕様で、ズームロックボタンによってレンズが繰り出すのを防止することができます。
 肩から提げて歩いているとレンズは伸びてきがちですが、この機構によってその煩わしさから解放されます。

フードが別売

 最近のキヤノンはフードを別売にする傾向がありますが、このレンズのフードも3300円程度で別に売られています。

 他のメーカーからは半額程度で互換品が入手可能です。
 遮光等の性能はさして変わりありませんが、個体差なのか装着感がちょっと硬いものがあったので、気になる方は正規品を買った方がいいかもしれません。

画像補正を適用しないと広角側でケラレる

 RF24-240mm F4-6.3 IS USMは画像処理前提の設計になっているようで、カメラの画質設定をRAWに設定して撮ったデータを見ると画面の四隅に黒い部分があって驚きます。これはケラレといわれる現象ですが、キヤノンのソフトなどで補正をかけて現像をすれば綺麗になかったことになるので問題はありません。
 またJPEGで撮っている分には処理された後のデータが表示されるので何ら問題はありません。

 これだけのズーム域のレンズを画像補正なしで設計しようとすると、さらに大型化するかズーム域を短くしないと実現できなかったのでしょう。
 補正によって若干画質は犠牲になっているかもしれませんが、それでもこのレンズで美しい写真は撮れますし画質の追求はこのレンズの役割ではないのでしょう。

レビュー・評価

・(RF24-105STMと比較して)RF24-105STMのサイズは77x89mmであるのに対し、RF24-240mmの場合は80x123mm。重量はそれぞれ395gと750gであり、RF24-105STMはRF24-240mmのほぼ半分。

・24-240mmの可変絞りはf4-6.3で、最大f4は27mmまで、f4.5は44mmまで、f5は70mmまで、f5.6は109mmまで、109〜240mmの最小絞りはf6.3。

・RF 24-240mmは、より大きく、より重く、より高価なプロレンズには見劣りするかもしれないが、適度な価格で他にはない利便性と確かな性能を備えている。ーー中略ーーRF24-105STMは、RFシステムで最も軽量で安価なズームだが、RF24-240mmは、多くの所有者が望むほぼ全ての状況に対応できるトラベルズームだ。浅い被写界深度のために35mm、50mm、または85mmのようなレンズと組み合わせると、非常に満足できるだろう。

cameralabs.com

RF24-240mm F4-6.3 IS USMのスペック

焦点距離24〜240mm
開放絞り値F4~6.3
最小絞り22~36
絞り羽根枚数7枚
最短撮影距離0.5m
最大撮影倍率0.26倍
フィルター径72mm
手ブレ補正効果4.0段分
最大径×長さ77.4mm×96.0mm
質量約750g
レンズ構成15群21枚
RF24-240mm F4-6.3 IS USMのスペック

RF24-240mm F4-6.3 IS USMの作例

RF24-240mm F4-6.3 IS USMの価格

2021年8月時点
参考価格:¥118,800 ~ ¥127,550
中古価格:¥107,000

価格.com

RF24-240mm F4-6.3 IS USMは最初の一本に相応しいのか

 RF24-240mm F4-6.3 IS USMを最初のレンズに検討している方もいるかもしれません。
 このレンズの良さは被写体やシーンを選ばず、カメラにつけておけばなんでも撮れる万能さと、とりあえずつけておくことに抵抗感の少ないコンパクトさです。
 お散歩スナップのように被写体を決めずに撮影に行く場合や、イベントの記録撮影では力を発揮するでしょう。

 デメリットを挙げるならば、撮りたい被写体が決まっているときに、このレンズがベストにはなりにくいということです。

 ポートレートにはもっとボケが欲しくなるかもしれませんし、星空を撮るには解放F値が暗すぎます。
 でも画質やボケを追求しないのであれば、とりあえず撮ることは可能です。

 レンズが一本で済む携帯性というのは数値にしにくいスペックですが、他のレンズでは実現できないメリットです。
 他のレンズを買ったとしても、RF24-240mm F4-6.3 IS USMの出番がなくなるということはないかと思います。

RF24-240mm F4-6.3 IS USMがつけられるカメラ

eos-r5【EOS R5】シリーズ最高性能で地味に軽くてR6との違いは画素数くらい キヤノンEOS R【CANON EOS R】微妙な評価もあるがカスタムで別モノになるしマウントアダプターは良い #レビュー
テキストのコピーはできません。